日韓関係の将来

昨晩、NHKで日韓の若者を集めた討論会を放送してゐた。かうした番組が成立するやうになつたといふこと自体、大いに喜ぶべきことだらう。

 

番組では、依然として根深い両国の歴史認識の差が浮き彫りになつた。一言で言へば、韓国の若者の見方は一面的であり、日本の若者は無知である、といふことにならう。岡本行夫氏も指摘してゐたが、日本の若者が歴史を知らないのには呆れる。教育も悪いし、彼等の親である我々の世代も悪い。

 

戦後、我々の先輩の努力で日本は奇跡的な経済発展を遂げ、再び世界的に認められる国になつたが、政治的な問題は置き去りにされて来た。2年ほど前に文藝春秋が戦争に至る戦前の歴史ついての特集を組んだり、最近猪瀬直樹氏が盛んにツイットしてゐるなど、この問題について関心が高まつて来たのは、良い事だ。

 

韓国の側にしてみれば、一番頭にくるのは、あんなに酷い事をした張本人(の子孫)が、その事実を知らないといふことだらう。謝罪した、謝罪したといふが、何を謝つたのか解つてゐないのでは意味がない。これは韓国や他のアジアの国々に言はれるまでもなく、日本人自身にとつて非常に懸念すべき事態だ。

 

何故、これほど日本人は自分の国の歴史を知らないのか。敗戦による大きな歪みが残されてゐる一例だ。過去のことは水に流すのが得意な日本人は、思ひ出したくないことは忘れることにした。一種のヒステリーである。しかし、個人の人格が一貫した記憶の上に成り立つやうに、昔のこと(まだ65年前に過ぎぬ)を忘れるやうな国は、国としての格が低いと言はざるを得ない。

 

民主主義教育であるはずなのに、未だに知らしむべからす、依らしむべし、といふ考へ方での教育がなされてゐることも、見直すべき点だらう。さうした教育の結果、現在の政治の制度的な仕組みについての知識は暗記してゐるが、そもそも政治とは何か、選挙は何のためにあるか、といつた基本的な問題を考へたことがない若者が増える。

 

ちなみに「知らしむべからず」は論語にある言葉だが、吉川幸次郎氏はこんな解説をしてをられる。(朝日文庫版「中国古典選3 論語上」266~7頁)

 

子曰、民可使由之、不可使知之
子曰く、民は之(こ)れを由(よ)らしむ可(べ)し。之(こ)れを知らしむ可(べ)からず。

 人民というものは、政府の施政方針に、従わせるだけでよろしい。何ゆえにそうした施政方針をとるか、その理由を説明する必要はない、と普通に解されており、儒家の政治思想の封建性を示すとされる条である。事実また、漢の鄭玄の注などは、そのように解している。すなわち「可使由之」の由は、「従う也」であるとし、また「民」の字を、同じ子音で、暗を意味する「冥(めい)」の字に、おきかえさえもしている。そうして民は冥(くら)いものであるゆえに、「正道を以って之れに教うれば、必ず従わん。如(も)し其の本来を知らば、則ち暴なる者は或いは軽んじて行わず」。これが新出の写本によって読まれる鄭玄の説である。
 しかし、他の注釈の説は、必ずしもそうではない。まず何晏の古注によれば、人間の法則というものに、人民は知らず識らずに従っている。だから、人民に、それに従わせることは可能であるが、知らず識らずにやっていることの理由を、はっきり自覚させることは、むつかしい。
 また朱子の新注によれば、政府の施政方針は、人民の全部が、その理由を知ることが理想であるが、それはなかなかむつかしい。それに随順させることはできても、一一に説明することはむつかしいと、理想と現実の距離をなげいた語とし、鄭玄のような説は、「聖人の心」ではないとして、しりぞけている。
 さらにまた仁斎には、君主は人民のために、その経由利用すべき文化施設を整備すべきだが、かくすることの恩恵を知れと、おしつけてはならぬとする説があることは、私の随筆集「雷峰塔」九十五頁を見られたい(全集十七巻「仁斎と徂徠」一四一頁)。

 

討論会では、韓国では50%が非正規雇用である、といふ話にも興味を持つた。これは異常な数字だ。恐らく、長続きしない仕組みだらう。自殺者が急増し、出生率が日本よりもさらに低い水準にあるといふ事実は、それを示してゐると思はれる。若者の生活がそれなりに安定し、安心して結婚し、子供を生むことができる社会でなければ、社会そのものが委縮し、衰退する。この問題は日本でも同じだが。

 

語学力、各種の資格などを示す「スペック」が高くなければ、大手企業の就職試験さへ受けることができない、といふ話も、耳新しいものだつた。これは、有名大学卒でなければ(事実上)門前払ひされる日本の事情と似てゐる面もあるが、違ひも非常に大きい。

 

就職後に有用となる能力が採用の基準になつてゐることが、その一つだ。かうした基準の出来不出来といふ問題はあるとしても、基本的には、語学力や、各種の資格は、就職後にも有用であるはずだ。求職者としても、採用されるためには何をすれば良いかが分る。(韓国の場合には、要求水準が高すぎることなど、いろいろと弊害もあるやうだが。)

 

日本の場合は、学歴といふ、仕事の中身とは無関係の基準で人が選ばれてゐる。あるいは、日本の企業においては、人脈が一番大切な資質だといふことかも知れない。しかし、これでは学生は何を勉強すればよいか分らない。有名大学に入れば、勉強しなくても良い。それ以外の大学では、勉強しても仕方がない。さうした状況にしておいて、日本の学生は勉強しない、と不満を述べるのは、大手企業側の怠慢だと言ふべきだらう。

 

ともかく、日本も韓国も大変な状況にあることは確かだ。お互ひに学ぶべき事も多いし、協力によつて力を高めることもできるだらう。